​STORY

龍は見ていた。

終戦間近の神社の境内で、召集令状を手にした男に、女が言った。

「生きて帰ってほしい」と。

 

龍は見ていた。

家族を失い、神社の境内で泣いている子どもを。

 

龍は見ていた。

ステージで輝くために命を削る若者たちを。

 

龍は見ていた。

災害で絆を失った家族を。

龍は、ただ、見つめていた。

 

その龍を、一人の男が見つめていた。

暗い目をして。

 

龍も、その男を知っていた。

神社再建を大義名分に、自分に足りないカケラを探す人々。

カケラを探しもがく人々を、救いたい龍。

昭和、平成、令和。3つの時代を巡る、人と龍の物語。

貴方に足りないものはなんですか?

55_Kyaha_ロゴあり_単色_ホワイト(軽2).png

お問い合わせinfo.kyaha@gmail.com